Athlon II シリーズ

6月 27th, 2010

スポンサードリンク

K10マイクロアーキテクチャによるマルチコアCPUシリーズ。
デスクトップ向けモデルには、クアッドコアのAthlon II×4、トリプルコアのAthlon II×3、デュアルコアのAthlon II×2、ノート向けモデルには、Athlon II Dual-Core Processors for Notebook PCs、 Athlon II Neo Dual-Core processors、Athlon II Neo Processorsがある。
Phenom IIと違いL3キャッシュを非搭載。
CPUソケットは、デスクトップ向けモデルはAM3、モバイル向けモデルはS1を採用。

それぞれの情報は以下の通り。

Athlon II ×4(Propus)
・コア数
   4
・キャッシュ
   L1:128KB×4
   L2:512KB×4
・TDP
   95W(6xxeは45W)
・システムバス
   4000MHz
・ソケット
   AM3
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   635:2.9GHz
   630:2.8GHz
   620:2.6GHz
   610e:2.4GHz
   605e:2.3GHz
   600e:2.2GHz

Athlon II ×3(Rana)
・コア数
   3
・キャッシュ
   L1:128KB×3
   L2:512KB×3
・TDP
   95W(4xxeは45W)
・システムバス
   4000MHz
・ソケット
   AM3
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   440:3.0GHz
   435:2.9GHz
   425:2.7GHz
   415e:2.5GHz
   405e:2.3GHz
   400e:2.2GHz

Athlon II ×2(Regor)
・コア数
   2
・キャッシュ
   L1:128KB×2
   L2:1024KB×2(260、255、215、245eは512KB×2)
・TDP
   65W(2xxeは45W、2x0uは25W)
・システムバス
   4000MHz
・ソケット
   AM3
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   260:3.2GHz
   255:3.1GHz
   250:3.0GHz
   245:2.9GHz
   240:2.8GHz
   215:2.7GHz
   245e:2.9GHz
   240e:2.8GHz
   235e:2.7GHz
   260u:1.8GHz
   250u:1.6GHz

Athlon II Dual-Core Processors for Notebook PCs(Caspian)
・コア数
   2
・キャッシュ
   L2:1024KB
・TDP
   35W
・システムバス
   3200MHz
・ソケット
   S1
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   M360:2.3GHz
   M340:2.2GHz
   M320:2.1GHz
   M300:2.0GHz

Athlon II Dual-Core Processors for Notebook PCs(Champlain)
・コア数
   2
・キャッシュ
   L2:512KB
・TDP
   35W(P320は25W)
・システムバス
   3200MHz
・ソケット
   S1
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   N330:2.3GHz
   P320:2.1GHz

Athlon II Neo Dual-Core processors(Geneva)
・コア数
   2
・キャッシュ
   L2:1024KB
・TDP
   12W
・システムバス
   2000MHz
・ソケット
   S1
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   K325:1.3GHz

Athlon II Neo processors(Geneva)
・コア数
   1
・キャッシュ
   L2:1024KB
・TDP
   12W
・システムバス
   2000MHz
・ソケット
   S1
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   K125:1.7GHz

スポンサードリンク

Phenom II シリーズ

6月 21st, 2010

スポンサードリンク

K10マイクロアーキテクチャによるデスクトップ向けマルチコアCPUシリーズ。
Phenom II X6には、TDPの枠内で、一部のコアを自動的にクロックアップさせる「AMD Turbo CORE Technology」を搭載。
CPUソケットは、AM3(一部AM2+)を採用。
Black Editionは、クロック倍率可変モデル。

シリーズCPUには、2コア(×2)、3コア(×3)、4コア(×4)、6コア(×6)の製品がラインナップされている。

それぞれの情報は以下の通り。

Phenom II ×6(Thuban)
・コア数
   6
・キャッシュ
   L2:512KB×6
   L3:6MB
・TDP
   125W(1055Tには95Wもあり)
・システムバス
   4000MHz
・ソケット
   AM3
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   1090T Black Edition:3.2GHz
   1055T:2.8GHz

Phenom II ×4(Deneb)
・コア数
   4
・キャッシュ
   L2:512KB×4
   L3:6MB(800シリーズは4MB)
・TDP
   95W(965BlackEditionはC2(注)で140W、C3(注)は125W、955BlackEdition、945、940BlackEdition、920は125W、905e、900e、910eは65W)
   (注)C2、C3はリビジョン(Revision)。
・システムバス
   4000MHz(920、940は3600MHz)
・ソケット
   AM3(920、940はAM2+)
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   965 Black Edition:3.4GHz
   955 Black Edition:3.2GHz
   945:3.0GHz
   940:3.0GHz
   925:2.8GHz
   920:2.8GHz
   910:2.6GHz
   910e:2.6GHz
   905e:2.5GHz
   900e:2.4GHz
   820:2.8GHz
   810:2.6GHz
   805:2.5GHz

Phenom II ×3(Heka)
・コア数
   3
・キャッシュ
   L2:512KB×3
   L3:6MB
・TDP
   95W(705e、700eは65W)
・システムバス
   4000MHz
・ソケット
   AM3
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   720 Black Edition:2.8GHz
   710:2.6GHz
   705e:2.5GHz
   700e:2.4GHz

Phenom II ×2(Callisto)
・コア数
   2
・キャッシュ
   L2:512KB×2
   L3:6MB
・TDP
   80W
・システムバス
   4000MHz
・ソケット
   AM3
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   555:3.2GHz
   550 Black Edition:3.1GHz
   550:3.1GHz
   545:3.0GHz

スポンサードリンク

Core Solo

5月 11th, 2010

スポンサードリンク

PentiumMの後継となる、ノートパソコン向けシングルコアCPU。
EIST(Enhanced Intel SpeedStep Technology)搭載。

モバイル向けのYonah(ヨナ)の1種類のみ。(そのままでデスクトップPCでも使用されている)

情報は以下の通り。

Yonah(ヨナ)
・コア数(スレッド数)
   1(1)
・キャッシュ
   L2:2MB
・TDP
   5.5W(U1500)
   6W(U1400、U1300)
   27W(T1400、T1300)
   31W(T1350、T1250)
・FSB
   667MHz(Uシリーズ、T1x50は533MHz)
・ソケット
   SocketM
・プロセス
   65nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   U1500:1.33GHz
   U1400:1.20GHz
   U1300:1.06GHz
   T1400:1.83GHz
   T1350:1.86GHz
   T1300:1.66GHz
   T1250:1.73GHz

スポンサードリンク

Core Duo

5月 9th, 2010

スポンサードリンク

PentiumMの後継となる、ノートパソコン向け2コア(デュアルコア)CPU。
EIST(Enhanced Intel SpeedStep Technology)搭載。
1コアしか使わないときに、もう1つのコアを停止させる省電力機能「Intel Dynamic Power Coordination」を搭載。
L2キャッシュを2コアで共有する「スマートキャッシュ」を搭載。

モバイル向けのYonah(ヨナ)の1種類のみ。(そのままでデスクトップPCでも使用されている)

情報は以下の通り。

Yonah(ヨナ)
・コア数(スレッド数)
   2(2)
・キャッシュ
   L2:2MB
・TDP
   31W(Lシリーズは15W、Uシリーズは9W)
・FSB
   667MHz(Uシリーズ、T2x50は533MHz)
・ソケット
   SocketM
・プロセス
   65nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   U2500:1.20GHz
   U2400:1.06GHz
   T2700:2.33GHz
   T2600:2.16GHz
   T2500:2.00GHz
   T2450:2.00GHz
   T2400:1.83GHz
   T2350:1.86GHz
   T2300E:1.66GHz
   T2300:1.66GHz
   T2250:1.73GHz
   T2050:1.60GHz
   L2500:1.83GHz
   L2400:1.66GHz
   L2300:1.50GHz

スポンサードリンク

Core 2 Extreme

5月 8th, 2010

スポンサードリンク

Coreマイクロアーキテクチャによる、Pentium Extreme Editionの後継のハイエンド向けCPU。
CPUソケットは、デスクトップ向けではLGA775、モバイル向けではSocketPを採用。

デスクトップ向けに、Conroe-XE(コンローXE)、Kentsfield-XE(ケンツフィールドXE)、Yorkfield-XE(ヨークフィールドXE)の3種類、モバイル向けに、Merom(メロム)、Penryn(ペンリン)の2種類がある。

それぞれの情報は以下の通り。

Conroe-XE(コンローXE)
・コア数(スレッド数)
   2(2)
・キャッシュ
   L2:4MB
・TDP
   75W
・FSB
   1066MHz
・ソケット
   LGA775
・プロセス
   65nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   X6800:2.93GHz

Kentsfield-XE(ケンツフィールドXE)
・コア数(スレッド数)
   4(4)
・キャッシュ
   L2:8MB
・TDP
   130W
・FSB
   1066MHz(QX6850は1333MHz)
・ソケット
   LGA775
・プロセス
   65nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   QX6850:3.00GHz
   QX6800:2.93GHz
   QX6700:2.66GHz

Yorkfield-XE(ヨークフィールドXE)
・コア数(スレッド数)
   4(4)
・キャッシュ
   L2:12MB
・TDP
   150W(QX9775)
   136W(QX9770)
   130W(QX9650)
・FSB
   1600MHz(QX9650は1333MHz)
・ソケット
   LGA775(QX9775はLGA771)
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   QX9775:3.20GHz
   QX9770:3.20GHz
   QX9650:3.00GHz

Merom(メロム)
・コア数(スレッド数)
   2(2)
・キャッシュ
   L2:4MB
・TDP
   44W
・FSB
   800MHz
・ソケット
   SocketP
・プロセス
   65nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   X7900:2.80GHz
   X7800:2.60GHz

Penryn(ペンリン)
・コア数(スレッド数)
   2(2)(QX9300は4(4))
・キャッシュ
   L2:6MB(QX9300は12MB)
・TDP
   44W(QX9300は45W)
・FSB
   1066MHz(X9000は800MHz)
・ソケット
   SocketP
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   X9100:3.06GHz
   X9000:2.80GHz
   QX9300:2.53GHz

スポンサードリンク

Core 2 Duo

5月 7th, 2010

スポンサードリンク

Coreマイクロアーキテクチャによる、PentiumD(モバイル向けとしてはCore Duo)の後継の2コア(デュアルコア)CPU。
CPUソケットは、デスクトップ向けではLGA775、モバイル向けではSocketPとSocketMを採用。

デスクトップ向けに、Conroe(コンロー)、Allendale(アレンデール)、Wolfdale(ウルフデール)の3種類、モバイル向けに、Merom(メロム)、Penryn(ペンリン)の2種類がある。

それぞれの情報は以下の通り。

Conroe(コンロー)
・コア数(スレッド数)
   2(2)
・キャッシュ
   L2:4MB(E6400、E6300は2MB)
・TDP
   65W
・FSB
   1066MHz(E6850、E6750、E6550、E6540は1333MHz)
・ソケット
   LGA775
・プロセス
   65nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   E6850:3.00GHz
   E6750:2.66GHz
   E6700:2.66GHz
   E6600:2.40GHz
   E6550:2.33GHz
   E6540:2.33GHz
   E6420:2.13GHz
   E6400:2.13GHz
   E6320:1.86GHz
   E6300:1.86GHz

Allendale(アレンデール)
・コア数(スレッド数)
   2(2)
・キャッシュ
   L2:2MB
・TDP
   65W
・FSB
   800MHz
・ソケット
   LGA775
・プロセス
   65nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   E4700:2.60GHz
   E4600:2.40GHz
   E4500:2.20GHz
   E4400:2.00GHz
   E4300:1.80GHz

Wolfdale(ウルフデール)
・コア数(スレッド数)
   2(2)
・キャッシュ
   L2:6MB(E7000番台は3MB)
・TDP
   65W
・FSB
   1333MHz(E7000番台は1066MHz)
・ソケット
   LGA775
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   E8600:3.33GHz
   E8500:3.16GHz
   E8400:3.00GHz
   E8300:2.83GHz
   E8200:2.66GHz
   E8190:2.66GHz
   E7600:3.06GHz
   E7500:2.93GHz
   E7400:2.80GHz
   E7300:2.66GHz
   E7200:2.53GHz

Merom(メロム)
・コア数(スレッド数)
   2(2)
・キャッシュ
   L2:4MB(U7000番台、T7250、T7100、T5000番台は2MB)
・TDP
   35W(U7000番台は10W、T7600、T7400、T7200、T5600、T5500、T5300、T5200は34W、L7000番台は17W)
・FSB
   800MHz(T7600、T7400、T7200、T5750、T5600、T5550、T5500、T5450、T5250、L7400、L7200は667MHz、T5300、Uシリーズは533MHz、)
・ソケット
   SocketP(Uシリーズ以外のFSBが667MHz、533MHzのものはSocketM、ただしUシリーズのsSPEC#SLV3xはSocketP)
・プロセス
   65nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   U7700:1.33GHz
   U7600:1.20GHz
   U7500:1.06GHz
   T7800:2.60GHz
   T7700:2.40GHz
   T7600:2.33GHz
   T7500:2.20GHz
   T7400:2.16GHz
   T7300:2.00GHz
   T7250:2.00GHz
   T7200:2.00GHz
   T7100:1.80GHz
   T5870:2.00GHz
   T5800:2.00GHz
   T5750:2.00GHz
   T5670:1.80GHz
   T5600:1.83GHz
   T5550:1.83GHz
   T5500:1.66GHz
   T5470:1.60GHz
   T5450:1.66GHz
   T5300:1.73GHz
   T5270:1.40GHz
   T5250:1.50GHz
   T5200:1.60GHz
   L7700:1.80GHz
   L7500:1.60GHz
   L7400:1.50GHz
   L7300:1.40GHz
   L7200:1.33GHz

Penryn(ペンリン)
・コア数(スレッド数)
   2(2)
・キャッシュ
   L2:6MB(T8000番台、P8000番台、P7000番台、SU9000番台は3MB、T6000番台は2MB)
・TDP
   35W(SUシリーズは10W、P9700は28W、その他Pシリーズ、SPシリーズは25WW、SLシリーズは17W)
・FSB
   1066MHz(T9500、T9300、T8000番台、T6000番台、SUシリーズ、SL9380は800MHz、)
・ソケット
   SocketP
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   T9900:3.06GHz
   T9800:2.93GHz
   T9600:2.80GHz
   T9550:2.66GHz
   T9500:2.60GHz
   T9400:2.53GHz
   T9300:2.50GHz
   T8300:2.40GHz
   T8100:2.10GHz
   T6670:2.20GHz
   T6600:2.20GHz
   T6500:2.10GHz
   T6400:2.00GHz
   SU9600:1.60GHz
   SU9400:1.40GHz
   SU9300:1.20GHz
   SP9600:2.53GHz
   SP9400:2.40GHz
   SP9300:2.26GHz
   SL9600:2.13GHz
   SL9400:1.86GHz
   SL9380:1.80GHz
   SL9300:1.60GHz
   P9700:2.80GHz
   P9600:2.66GHz
   P9500:2.53GHz
   P8800:2.66GHz
   P8700:2.53GHz
   P8600:2.40GHz
   P8400:2.26GHz
   P7570:2.26GHz
   P7550:2.26GHz
   P7450:2.13GHz
   P7370:2.00GHz
   P7350:2.00GHz

スポンサードリンク

Core 2 Quad

5月 4th, 2010

スポンサードリンク

Coreマイクロアーキテクチャによる、メインストリーム向けの4コア(クアッドコア)CPU。
CPUソケットは、デスクトップ向けではLGA775、モバイル向けではSocketPを採用。

デスクトップ向けに、Kentsfield (ケンツフィールド)、Yorkfield (ヨークフィールド)の2種類、モバイル向けにPenryn (ペンリン)の1種類がある。

それぞれの情報は以下の通り。

Kentsfield (ケンツフィールド)
・コア数(スレッド数)
   4(4)
・キャッシュ
   L2:4MB×2
・TDP
   105W
・FSB
   1066MHz
・ソケット
   LGA775
・プロセス
   65nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   Q6700:2.66GHz
   Q6600:2.40GHz

Yorkfield (ヨークフィールド)
・コア数(スレッド数)
   4(4)
・キャッシュ
   L2:6MB×2(Q9650、Q9550S、Q9550、Q9450)
   L2:3MB×2(Q9505S、Q9505、Q9400S、Q9400、Q9300)
   L2:2MB×2(Q8400S、Q8400、Q8300、Q8200S、Q8200)
・TDP
   95W(Q9550S、Q9505S、Q9400S、Q8400S、Q8200Sは65W)
・FSB
   1333MHz
・ソケット
   LGA775
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   Q9650:3.00GHz
   Q9550S:2.83GHz
   Q9550:2.83GHz
   Q9505S:2.83GHz
   Q9505:2.83GHz
   Q9450:2.66GHz
   Q9400S:2.66GHz
   Q9400:2.66GHz
   Q9300:2.50GHz
   Q8400S:2.66GHz
   Q8400:2.66GHz
   Q8300:2.50GHz
   Q8200S:2.33GHz
   Q8200:2.33GHz

Penryn (ペンリン)
・コア数(スレッド数)
   4(4)
・キャッシュ
   L2:6MB×2(Q9000は3MB×2)
・TDP
   45W
・FSB
   1066MHz
・ソケット
   SocketP
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   Q9100:2.26GHz
   Q9000:2.00GHz

スポンサードリンク

Core i3 シリーズ

5月 2nd, 2010

スポンサードリンク

インテルマイクロアーキテクチャNehalemによる、ローエンド向けのCore2後継CPU。
HT(Hyper-Threading、ハイパースレッディング)技術により、4スレッドの処理ができる。
メモリはDDR3のデュアルチャネル対応。
グラフィック機能を内蔵。(CPU内蔵グラフィック機能を使用するには、FDI(Flexible Display Interface)を持つH57、H55、Q57チップセット搭載のマザーボードが必要)
モバイル向けモデルには、グラフィック能力が必要な時に、電力、電流に余裕があればGPUコアクロックを規定より引き上げる機能である「Intel HD Graphics with dynamic frequency」を搭載。

デスクトップ向けに、Clarkdale(クラークデール)、モバイル向けに、Arrandale(アランデール)のそれぞれ1種類がある。

それぞれの情報は以下の通り。

Clarkdale(クラークデール)
・コア数(スレッド数)
   2(4)
・GPUコアクロック
   733MHz
・キャッシュ
   L2:256KB×2
   L3:4MB
・TDP
   73W
・DMI速度
   2.5GT/s
・ソケット
   LGA1156
・プロセス
   32nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   540:3.06GHz
   670:2.93GHz

Arrandale(アランデール)
・コア数(スレッド数)
   2(4)
・GPUコアクロック
   500MHz(最大667MHz)
・キャッシュ
   L2:256KB×2
   L3:3MB
・TDP
   35W
・DMI速度
   2.5GT/s
・ソケット
   BGA1288(350M、330MはPGA988もあり)
・プロセス
   32nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック
   350M:2.26GHz
   330M:2.13GHz
   330E:2.13GHz

スポンサードリンク

Core i5 シリーズ

4月 27th, 2010

スポンサードリンク

インテルマイクロアーキテクチャNehalemによる、メインストリーム向けのCore2後継CPU。
クアッドコアモデルは、ハイパースレッディング(HT、Hyper-Threading)技術非対応だが、デュアルコアモデルはHT技術に対応し、4スレッド処理ができる。
CPUソケットは、デスクトップ向けではLGA1156、モバイル向けではPGA988、BGA1288を採用。
メモリはDDR3のデュアルチャネル対応。
プロセッサが電力、電流、温度について、限界未満で動作している場合、限界内で定格のクロック周波数より高速に動作させることができるターボ・ブースト・テクノロジを搭載。
600シリーズは、グラフィック機能を内蔵。(CPU内蔵グラフィック機能を使用するには、FDI(Flexible Display Interface)を持つH57、H55、Q57チップセット搭載のマザーボードが必要)
モバイル向けモデルには、グラフィック能力が必要な時に、電力、電流に余裕があればGPUコアクロックを規定より引き上げる機能である「Intel HD Graphics with dynamic frequency」を搭載。

デスクトップ向けに、Lynnfield(リンフィールド)、Clarkdale(クラークデール)の2種類、モバイル向けに、Arrandale(アランデール)の1種類がある。

それぞれの情報は以下の通り。

Lynnfield(リンフィールド)
・コア数(スレッド数)
   4(4)
・キャッシュ
   L2:256KB×4
   L3:8MB
・TDP
   95W(750Sは82W)
・DMI速度
   2.5GT/s
・ソケット
   LGA1156
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック(ターボ・ブースト時最大)
   750S:2.40GHz(3.20GHz)
   750:2.66GHz(3.20GHz)

Clarkdale(クラークデール)
・コア数(スレッド数)
   2(4)
・GPUコアクロック
   733MHz(661は900MHz)
・キャッシュ
   L2:256KB×2
   L3:4MB
・TDP
   73W(661は87W)
・DMI速度
   2.5GT/s
・ソケット
   LGA1156
・プロセス
   32nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック(ターボ・ブースト時最大)
   680:3.60GHz(3.86GHz)
   670:3.46GHz(3.73GHz)
   661:3.33GHz(3.60GHz)
   660:3.33GHz(3.60GHz)
   650:3.20GHz(3.46GHz)

Arrandale(アランデール)
・コア数(スレッド数)
   2(4)
・GPUコアクロック
   500MHz(最大766MHz)(520UMは166MHz(最大500MHz))
・キャッシュ
   L2:256KB×2
   L3:3MB
・TDP
   35W(520UMは18W)
・DMI速度
   2.5GT/s
・ソケット
   BGA1288(540M、520M、430MはPGA988もあり)
・プロセス
   32nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック(ターボ・ブースト時最大)
   540M:2.53GHz(3.066GHz)
   520UM:1.066GHz(1.866GHz)
   520M:2.40GHz(2.933GHz)
   520E:2.40GHz(2.933GHz)
   430M:2.26GHz(2.533GHz)

スポンサードリンク

Core i7 シリーズ

4月 20th, 2010

スポンサードリンク

インテルマイクロアーキテクチャNehalemによるCore2の後継CPU。
QPIを採用し、チップ間の接続を高速化。
メモリはDDR3に対応。上位製品はトリプルチャネル、下位製品はデュアルチャネルに対応。
HT(Hyper-Threading)技術により、コア数の倍のスレッドの処理ができる。(4コアならば8スレッド、6コアならば12スレッド)
CPUソケットは、デスクトップ向けでは、上位製品はLGA1366、下位製品はCore i5,i3シリーズと同じLGA1156を、モバイル向けではPGA988、BGA1288を採用。
プロセッサが電力、電流、温度について、限界未満で動作している場合、限界内で定格のクロック周波数より高速に動作させることができるターボ・ブースト・テクノロジを搭載。

デスクトップ向けに、Bloomfield(ブルームフィールド)、Lynnfield(リンフィールド)、Gulftown(ガルフタウン)の3種類、モバイル向けに、Clarksfield(クラークスフィールド)、Arrandale(アランデール)の2種類がある。

それぞれの情報は以下の通り。

Bloomfield(ブルームフィールド)
・コア数(スレッド数)
   4(8)
・キャッシュ
   L2:256KB×4
   L3:8MB
・TDP
   130W
・QPI速度
   Extreme Edition:6.4GT/s
   その他:4.8GT/s
・ソケット
   LGA1366
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック(ターボ・ブースト時最大)
   975 Extreme Edition:3.33GHz(3.60GHz)
   965 Extreme Edition:3.20GHz(3.46GHz)*生産終了
   960:3.20GHz(3.46GHz)
   950:3.06GHz(3.33GHz)
   940:2.93GHz(3.20GHz)*生産終了
   930:2.80GHz(3.06GHz)
   920:2.66GHz(2.93GHz)

Lynnfield(リンフィールド)
・コア数(スレッド数)
   4(8)
・キャッシュ
   L2:256KB×4
   L3:8MB
・TDP
   95W(860Sは82W)
・DMI速度
   2.5GT/s
・ソケット
   LGA1156
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック(ターボ・ブースト時最大)
   870:2.93GHz(3.60GHz)
   860S:2.53GHz(3.46GHz)
   860:2.80GHz(3.46GHz)

Gulftown(ガルフタウン)
・コア数(スレッド数)
   6(12)
・キャッシュ
   L2:256KB×6
   L3:12MB
・TDP
   130W
・QPI速度
   6.4GT/s
・ソケット
   LGA1366
・プロセス
   32nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック(ターボ・ブースト時最大)
   980X Extreme Edition:3.33GHz(3.60GHz)
   970:3.20GHz(情報なし)*2010年第3四半期 発売予定

Clarksfield(クラークスフィールド)
・コア数(スレッド数)
   4(8)
・キャッシュ
   L2:256KB×4
   L3:8MB(720QMは6MB)
・TDP
   Extreme Edition:55W
   その他:45W
・DMI速度
   2.5GT/s
・ソケット
   PGA988
・プロセス
   45nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック(ターボ・ブースト時最大)
   920XM Extreme Edition:2.00GHz(3.20GHz)
   820QM:1.73GHz(3.06GHz)
   720QM:1.60GHz(2.80GHz)

Arrandale(アランデール)
・コア数(スレッド数)
   2(4)
・キャッシュ
   L2:256KB×2
   L3:4MB
・TDP
   35W(620M、610E)
   25W(640LM、620LM、620LE)
   15W(640UM、620UM、620UE)
・DMI速度
   2.5GT/s
・ソケット
   BGA1288(620MのみPGA988もあり)
・プロセス
   32nm
・プロセッサ・ナンバー:動作クロック(ターボ・ブースト時最大)
   640UM:1.20GHz(2.266GHz)
   640LM:2.13GHz(2.933GHz)
   620UM:1.06GHz(2.133GHz)
   620UE:1.06GHz(2.13GHz)
   620M:2.66GHz(3.333GHz)
   620LM:2.00GHz(2.80GHz)
   620LE:2.00GHz(2.80GHz)
   610E:2.53GHz(3.20GHz)

スポンサードリンク